スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の夜長にコードをいじる

2015年10月09日 15:01




めっきりと秋らしい天気となってきました。
わが家から見える蔵王山も少しずつ、色づき初めているのが見てわかります。いよいよ苦手な冬が近づいていると実感する日々です。

最近はというと、白イチにて注文を頂いていた家具の制作や家業の仕事、そして新工場のリノベの準備に追われており、なかなかブログに向かう気持ちにはなれておりませんでした。このままではいかんと何とか、パソコンに向かっております。

今日は以前に作っていた照明のことを少し書いてみたいと思います。



豆電球の照明


DSC_0283_convert_20151009135836.jpg


わが家には階段の登り口に、小さな小さな額が飾ってある壁があります。絵だったり、ポストカードだったり、古いマッチ箱をバラして印刷の道具にハメたものだったりと。そこはルール無用の額の壁なんです。これは、解体リノベ中からここに何か飾りたいと思っていたのですが、いつからか何かモノ足りないとも思うようになったのです。そこで、ふと小学生の理科の教科書に載っているような単純な回路の豆電球の照明を作ろうと思い付きました。


DSC_0284_convert_20151009135906.jpg
ランプのカサは古道具のガラスの漏斗の極小サイズ


DSC_0285_convert_20151009140006.jpg
箱の蓋を止めているのは革の端材を真鍮釘で抑えたもの


材料は大きなホームセンターに行くと意外とすぐに見つかるもので、あとはどのようにすればわが家の中で違和感がなく、設置することが出来るか?ということに。ま、そこの折り合いが一番の面倒でもあり、楽しみなところなんですが。

そして出した答えが上記写真のようなモノ。ペンキを薄めに塗り木目を出した栗の木のボックスの中に電池が入っています。そしてペンキで塗装をした線をねじり、豆電球に接続、傘には古道具の小さいガラス製の漏斗を使いました。明るさはもちろん望めませんがそれでもカチッとスイッチを入れれば、控えめに輝く光が気泡の入ったガラスを透過し、なんとも言えない表情の額の見え方となりました。(写真では暗すぎてうまくお伝えできないので割愛)

最近は照明器具も一昔前よりもずいぶんと種類も増えてきました。一般家庭では家具にお金は使っても、照明は据え付け、もしくは吊るし型の蛍光灯なんて結構あったように思います。照明は家具とは違い、置くだけではなく接続があるので照明文化の薄い日本人にはなかなか手の出しにくい領域だったのかもしれませんね。

しかし、広い意味では照明も家具、もっと自由に敷居を上げずに選んでもいいのでしょうね。そんな最近の傾向にうれしく思います。今回のように自分で作るのも結構楽しいもんで、小さい木箱なんかに飾りたいモノを入れ、裏に電源を設けて、豆電球を灯す、そんな些細な遊びで結構楽しめたりもするはずです。
秋の夜長にお酒を飲みながら、いそいそとコードをいじるのも結構おつなもんです!
スポンサーサイト

白イチ2015を振り返って!

2015年07月29日 19:31




白イチを振り返って



白イチが終わり、あっという間に2週間が過ぎました。いまだ完全には片付けが終わっていない工場、つまり、木工がまだ本格化出来ていない現状ではありますが、そろそろブログにてまとめて置かないと心の踏ん切りもつかないってことで、終了のご報告をさせて頂きます。

白イチ 15、1


あらためて、今回で3回目となる白イチ(その前の年にオープンハウスと称して行ったイベントを含めると4回目)は確実に地元でも情報の広がりを見せ、1年目に比べれば市外からの来客数の比率で考えると地元の来場者数は2~3倍にはなっていたと感じました。僕自身も当初は、市外もしくは県外の方々でこういうイベントが好きな人が来てくれればという思いが強かったのですが、去年くらいから、出来るだけ地元の方々にも知ってもらい、脚を運んでもらいたいという欲も出てきました。

田舎だからって同じ価値観や大量消費の商品ばかりがいいわけではありませんもんね。じっくりと商品を見て、お店の人とコミュニケーションをとって笑顔で商品を渡してもらい、その対価としてお金を払う。こういうイベントは今の資本主義の購買とは何かを考えさせてくれるいい機会なのかもしれません。今はモノを買うということとコミュニケーションが乖離していますが、本来は違ったはずです。こんな小さなイベントですが、僕は欲しいもの(サービス)を相手に渡すという商業の根幹がここにはあるのだと思いました。(偉そうですが、)そして、この経験こそが、僕がこれからやっていきたいことの一つの道標にもなったと思っています。

まだまだ、やりたいことはたくさんあります。この街だからこそできる事があるはずです。
まずは小さな歯車を丁寧に回していきたいと思います。

白イチ 15,2

白イチ 15,4

白イチ 15,5

白イチ 15,3


出店者も皆、白石にこんなにも人が集まったことを驚いていました。もちろん、それぞれも楽しんで頂けたようでイベントしては非常に良かったと思います。そして、何より、梅雨のど真ん中、暑さこそ厳しかったものの雨に1度も降られなかったことが何よりこのイベントを成功させたのかなぁ、と思います。

最後に、ご来場いただいたお客様、出店してくれた方々、DM、PVの作成など関わってくれたみんなのおかげで今年も「白イチ」大成功!でしたー!ありがとうございました。

昨年の「白イチ」の風景動画公開!

2015年06月20日 17:53



「白イチ 2015」告知動画、第2弾公開です!


この動画は昨年の「白イチ」の風景をスライドとして繋げたもので、並ぶ商品やお店、会場の雰囲気などがとても良く伝わるものとなっています。初めての人は「白イチ」の雰囲気を、そして以前にご来場頂いたお客さんは懐かしい風景として見て頂けたら嬉しいです。

「白イチ」まで約20日、まだまだ準備することはありますが、今年も来て頂いたお客さんが、満足して帰ってもらえるようなイベントにしたいと思っています。「白イチ」だけではなく、「白石」がより身近な場所となればイベントは大成功!

※フェイスブックやツイッターでは随時最新の情報を発信しています。
 フェイスブック  ワタナベケイタ
 ツイッター  @tripinterior



告知動画 vol.2




逋ス繧、繝√€€・抵シ撰シ托シ輔€€陦ィ繝・・繧ソ_convert_20150602115643
逋ス繧、繝√€€・抵シ撰シ托シ輔€€陬上ョ繝シ繧ソ_convert_20150602115700
※クリックして頂けると拡大してみることができます。


今年は来月7月11日(土)12日(日)2日間「白イチ 2015」を開催します!
昨年までは秋に行っていた「白イチ」ですが、時期を少し早め、装いを新たに開催します。今まで金、土、日の3日間だったのを2日間に、開催時間も少し早めまして10:30~16:30とさせていただきます。

※昨年まで金曜に来られていた方、ご注意ください。

出店内容は下記に詳しく書きますが、例年同様の内容で家具や古道具、雑貨にお菓子、ジャムそして、似顔絵、古本などなど。一つ一つは小さいお店ですが、それぞれの店主とのやりとりの中で普段の買い物にないコミュニケーションを感じて頂ければと思います。最後に告知動画も公開しておりますのでどうぞ「白イチ」の雰囲気を感じてください。


白イチ 2015
----------------------------
・期間 7月11日(土)、12日(日) ※雨天決行
・時間    10:30~16:30 
・場所    tripinterior工場 白石市堂場前50
※ナビでお越しの方、在来線の白石駅を設定していただくとわかりやすいです


【参加店】  
----------------------------
7月11日(土)
tripinterior (オリジナル家具・古道具)
珈琲楓舎 (コーヒー・工芸品・作家物)
はりーのまふぃん (マフィン)
佐藤ジュンコ (紙もの・似顔絵・古本)
salz (ジャム)
鎌田こけし店 (こけし)※イベント会場から50mほど離れた場所にご自宅兼の販売所があります。


7月12日(日) 
----------------------------
tripinterior (オリジナル家具・古道具) 
stock (コーヒー・雑貨など)
すみやのくらし (焼き菓子・白炭製品)
上杉農園樹の下 (リンゴジュース・キッシュなど)
salz (ジャム)
鎌田こけし店 (こけし)※イベント会場から50mほど離れた場所にご自宅兼の販売所があります。


【交通】  
  
電車でお越しの方   
在来線の白石駅から徒歩1分です。(改札出て、右側の歩道橋まで来てそのまま右に歩いてきて頂ければすぐです。)
         
車でお越しの方    
在来線の白石駅を目指してきて頂き、駅を正面に見て左の方に100mほどお進みください。途中道が少し狭くなり、一方通行になります。駐車場はその一方通行になって30mほど進んだ左手、黒壁の建物の奥の草原になります。30台近くは止められますが、満車の場合は駅近くのパーキングをご利用ください。※その際、一方通行を逆走なさいませんよう、よろしくお願いします。



このイベントは、tripinteriorが主催し、出店者の協力のもと開催しております。今までなかなか白石に縁のなかった方もこの「白イチ」をきっかけに白石に足を止め、古い町並みと堀に囲まれた風景をゆっくりと見て回って頂けたら幸いです。のどかな町並み、川辺り、お城の裏の芝生の公園(告知動画の撮影場所)、普段自分の街では気に留めることのない日常の景色をご堪能ください。もちろん、2日間、街の観光案内所のようなことも兼ねますので、お気軽にご質問くださいませ。

白石でお待ちしております。



告知動画 vol.1

今年もやります! 「白イチ」2015

2015年06月02日 12:00


「白イチ」 2015 告知動画公開!


逋ス繧、繝√€€・抵シ撰シ托シ輔€€陦ィ繝・・繧ソ_convert_20150602115643
逋ス繧、繝√€€・抵シ撰シ托シ輔€€陬上ョ繝シ繧ソ_convert_20150602115700
※クリックして頂けると拡大してみることができます。


今年は来月7月11日(土)12日(日)2日間「白イチ 2015」を開催します!
昨年までは秋に行っていた「白イチ」ですが、時期を少し早め、装いを新たに開催します。今まで金、土、日の3日間だったのを2日間に、開催時間も少し早めまして10:30~16:30とさせていただきます。

※昨年まで金曜に来られていた方、ご注意ください。

出店内容は下記に詳しく書きますが、例年同様の内容で家具や古道具、雑貨にお菓子、ジャムそして、似顔絵、古本などなど。一つ一つは小さいお店ですが、それぞれの店主とのやりとりの中で普段の買い物にないコミュニケーションを感じて頂ければと思います。最後に告知動画も公開しておりますのでどうぞ「白イチ」の雰囲気を感じてください。


白イチ 2015
----------------------------
・期間 7月11日(土)、12日(日) ※雨天決行
・時間    10:30~16:30 
・場所    tripinterior工場 白石市堂場前50
※ナビでお越しの方、在来線の白石駅を設定していただくとわかりやすいです


【参加店】  
----------------------------
7月11日(土)
tripinterior (オリジナル家具・古道具)
珈琲楓舎 (コーヒー・工芸品・作家物)
はりーのまふぃん (マフィン)
佐藤ジュンコ (紙もの・似顔絵・古本)
salz (ジャム)
鎌田こけし店 (こけし)※イベント会場から50mほど離れた場所にご自宅兼の販売所があります。


7月12日(日) 
----------------------------
tripinterior (オリジナル家具・古道具) 
stock (コーヒー・雑貨など)
すみやのくらし (焼き菓子・白炭製品)
上杉農園樹の下 (リンゴジュース・キッシュなど)
salz (ジャム)
鎌田こけし店 (こけし)※イベント会場から50mほど離れた場所にご自宅兼の販売所があります。


【交通】  
  
電車でお越しの方   
在来線の白石駅から徒歩1分です。(改札出て、右側の歩道橋まで来てそのまま右に歩いてきて頂ければすぐです。)
         
車でお越しの方    
在来線の白石駅を目指してきて頂き、駅を正面に見て左の方に100mほどお進みください。途中道が少し狭くなり、一方通行になります。駐車場はその一方通行になって30mほど進んだ左手、黒壁の建物の奥の草原になります。30台近くは止められますが、満車の場合は駅近くのパーキングをご利用ください。※その際、一方通行を逆走なさいませんよう、よろしくお願いします。



このイベントは、tripinteriorが主催し、出店者の協力のもと開催しております。今までなかなか白石に縁のなかった方もこの「白イチ」をきっかけに白石に足を止め、古い町並みと堀に囲まれた風景をゆっくりと見て回って頂けたら幸いです。のどかな町並み、川辺り、お城の裏の芝生の公園(告知動画の撮影場所)、普段自分の街では気に留めることのない日常の景色をご堪能ください。もちろん、2日間、街の観光案内所のようなことも兼ねますので、お気軽にご質問くださいませ。

白石でお待ちしております。



告知動画 vol.1

直したいと思うモノ ありふれた器

2015年05月22日 19:15




今年の春はとにかく暑いし、雨が降らない。
お出かけにはいいのですが、こんな天気だと庭の植物が気にかかります。2日に1回は朝に水撒きをしていますが、なんだか草花だけではなく、樹木すら葉がしおれてきています。あーこんなに雨を望むことも少ないですが、2~3日ざぁーっと降ってくれないかな・・・・・!

さて話は変わりますが、今年も「白イチ」開催することが決定しました。※詳細はまた次回に詳しく!
まずは、ざっと情報を!

◯開催期間 7月11日(土)、12日(日)※今年は金曜日は開催しません。
◯時間    10:30~16:30
◯会場    例年通り tripinterior工場敷地 (宮城県白石市字堂場前50)
◯出店者   ※次回詳細お知らせします。

今年でなんと3年目、オープンハウスを入れると白石でのイベントは4回目となります。
3年続いたことはほんとに来て頂いたお客さんと関わってくれている方々、そして出店者の力です。
今回もみなさんの期待を裏切らないように、主催者自ら率先して楽しみます。


直したいと思うモノ


DSC_0064_convert_20150521235429.jpg


DSC_0063_convert_20150521235404.jpg
印判のそば猪口 現在は主に酒器として使っています


DSC_0061_convert_20150521235313.jpg
このそば猪口は江戸後期くらいはありますが、やはり数は多めです。でもそれをあえて直すことで、意図しない美しさが生まれます


DSC_0062_convert_20150521235343.jpg


白イチでは昨年より、継ぎ直しをした古い器を展示販売しております。

継ぎ直しについて簡単に説明しますと、金継ぎや銀継ぎなど直しという技法は、日本人特有のもったいないという精神から産まれています。限りられた材料でモノを大切に使うというその気持が器を継いで使うという文化を作り上げたわけです。当時はおそらく漆のみで補修をしたと思いますが、そこで茶人たちが、器をあえて割り、漆で継ぎ、さらにその上に金をまくことを始めたです。現代で考えるなら、乱暴かもしれませんが、新品のジーンズをあえて傷つけるダメージジーンズといったところでしょうか。

そういった、金や銀で継ぐ文化は次第に茶人たちに好まれ、一般的な器のリサイクルという視点からは遠ざかっていってしまいます。(そこには技術の進歩、生活の向上、器の流通など他にも多くの理由が考えられます)しかし、最近になって、この継ぐ文化に昔ながらの流れが少しずつではありますが回帰している動きがあります。金継ぎ教室、ワークショップなど、自分が使いなれている器をながく使うために直すことや昔使っていた食器を直して飾ってみるなど、いずれにしても使い手のすぐ側に寄り添うものを気軽に直し使おうという考えです。この流れには、漆や本金を使わないで簡単に直す技術が誕生したのも大きな原因ではあります。(本来の金継ぎとは材料など根底から違うという考え方もあります)

さて、そこで、私が考える継ぎ直すこととは、新しい身近なものを修理することもいいのですが、一番は古い器で当時は一般大衆に使われ寄り添っていた器を漆を使い、金や銀で継ぎ直すことを目指しています。昔の茶道具でもなく、歴史のある高い器でもなく、つい100年や150年前に庶民の食卓に並んでいたような雑器を継ぐことで、当時手を入れるはずもなくなった量産品の中に、意図しないモノの美しさを感じるのです。またもう一つ理由があるとすれば、この時代の雑器は数が多いために欠けていたりすれば、捨てられることが多く結果的に将来数が激減することが予想されるのです。(これは私の個人的な見解です)それをなんとか、少しでも多く残したいという思いです。

いずれにしても、今まで金や銀で継ぐことの視野には入らなかったこういった時代の器を直した姿はとても魅力的なわけです。今回紹介したモノ以外にも白イチには継ぎ直しした器たちを並べる予定ですので、どうぞご覧下さい。



※昨年のイベントの告知動画です。









:解体からのスライド

最後まで読んでいただきありがとうございます。
H21年2月より解体からはじまった築100年の自宅のリノベーションの記録として、まずH21年の写真をまとめてスライドとしました。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド



Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第2弾スライド H22年をまとめました。

2年目に入り、作業も内装中心に、そしてコウモリとのやり取りも!白くなってきれいになっていく室内をご覧ください

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド
 


Created with Admarket's flickrSLiDR.


●第3弾スライド H23年をまとめました。

いよいよ3年目に入り、震災もありましたが、とにもかくにも住める状態になりました。解体時からは想像できない空間。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第4弾スライド 工場のリノベをまとめました。

家のリノベが終わったら、今度は工場拡張に伴ってまたリノベの欲求が。やっぱり、そこに古い建物がある限りなんとかして使える空間にしてあげたくなってきます。これは僕のライフワークかもしれない。再び始まった埃とカビとの格闘の日々をスライドにまとめました。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。

画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.







最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。