直したいと思うモノ ありふれた器

2015年05月22日 19:15




今年の春はとにかく暑いし、雨が降らない。
お出かけにはいいのですが、こんな天気だと庭の植物が気にかかります。2日に1回は朝に水撒きをしていますが、なんだか草花だけではなく、樹木すら葉がしおれてきています。あーこんなに雨を望むことも少ないですが、2~3日ざぁーっと降ってくれないかな・・・・・!

さて話は変わりますが、今年も「白イチ」開催することが決定しました。※詳細はまた次回に詳しく!
まずは、ざっと情報を!

◯開催期間 7月11日(土)、12日(日)※今年は金曜日は開催しません。
◯時間    10:30~16:30
◯会場    例年通り tripinterior工場敷地 (宮城県白石市字堂場前50)
◯出店者   ※次回詳細お知らせします。

今年でなんと3年目、オープンハウスを入れると白石でのイベントは4回目となります。
3年続いたことはほんとに来て頂いたお客さんと関わってくれている方々、そして出店者の力です。
今回もみなさんの期待を裏切らないように、主催者自ら率先して楽しみます。


直したいと思うモノ


DSC_0064_convert_20150521235429.jpg


DSC_0063_convert_20150521235404.jpg
印判のそば猪口 現在は主に酒器として使っています


DSC_0061_convert_20150521235313.jpg
このそば猪口は江戸後期くらいはありますが、やはり数は多めです。でもそれをあえて直すことで、意図しない美しさが生まれます


DSC_0062_convert_20150521235343.jpg


白イチでは昨年より、継ぎ直しをした古い器を展示販売しております。

継ぎ直しについて簡単に説明しますと、金継ぎや銀継ぎなど直しという技法は、日本人特有のもったいないという精神から産まれています。限りられた材料でモノを大切に使うというその気持が器を継いで使うという文化を作り上げたわけです。当時はおそらく漆のみで補修をしたと思いますが、そこで茶人たちが、器をあえて割り、漆で継ぎ、さらにその上に金をまくことを始めたです。現代で考えるなら、乱暴かもしれませんが、新品のジーンズをあえて傷つけるダメージジーンズといったところでしょうか。

そういった、金や銀で継ぐ文化は次第に茶人たちに好まれ、一般的な器のリサイクルという視点からは遠ざかっていってしまいます。(そこには技術の進歩、生活の向上、器の流通など他にも多くの理由が考えられます)しかし、最近になって、この継ぐ文化に昔ながらの流れが少しずつではありますが回帰している動きがあります。金継ぎ教室、ワークショップなど、自分が使いなれている器をながく使うために直すことや昔使っていた食器を直して飾ってみるなど、いずれにしても使い手のすぐ側に寄り添うものを気軽に直し使おうという考えです。この流れには、漆や本金を使わないで簡単に直す技術が誕生したのも大きな原因ではあります。(本来の金継ぎとは材料など根底から違うという考え方もあります)

さて、そこで、私が考える継ぎ直すこととは、新しい身近なものを修理することもいいのですが、一番は古い器で当時は一般大衆に使われ寄り添っていた器を漆を使い、金や銀で継ぎ直すことを目指しています。昔の茶道具でもなく、歴史のある高い器でもなく、つい100年や150年前に庶民の食卓に並んでいたような雑器を継ぐことで、当時手を入れるはずもなくなった量産品の中に、意図しないモノの美しさを感じるのです。またもう一つ理由があるとすれば、この時代の雑器は数が多いために欠けていたりすれば、捨てられることが多く結果的に将来数が激減することが予想されるのです。(これは私の個人的な見解です)それをなんとか、少しでも多く残したいという思いです。

いずれにしても、今まで金や銀で継ぐことの視野には入らなかったこういった時代の器を直した姿はとても魅力的なわけです。今回紹介したモノ以外にも白イチには継ぎ直しした器たちを並べる予定ですので、どうぞご覧下さい。



※昨年のイベントの告知動画です。









:解体からのスライド

最後まで読んでいただきありがとうございます。
H21年2月より解体からはじまった築100年の自宅のリノベーションの記録として、まずH21年の写真をまとめてスライドとしました。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド



Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第2弾スライド H22年をまとめました。

2年目に入り、作業も内装中心に、そしてコウモリとのやり取りも!白くなってきれいになっていく室内をご覧ください

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド
 


Created with Admarket's flickrSLiDR.


●第3弾スライド H23年をまとめました。

いよいよ3年目に入り、震災もありましたが、とにもかくにも住める状態になりました。解体時からは想像できない空間。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第4弾スライド 工場のリノベをまとめました。

家のリノベが終わったら、今度は工場拡張に伴ってまたリノベの欲求が。やっぱり、そこに古い建物がある限りなんとかして使える空間にしてあげたくなってきます。これは僕のライフワークかもしれない。再び始まった埃とカビとの格闘の日々をスライドにまとめました。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。

画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.





意図しない時間の経過を楽しむということ

2015年02月27日 10:51





早いもので2月ももう終わります。ということは、今年も6分の1が終わるということです。まだまだやりたいことのエンジンが掛からない気がしますが、何ぶん寒いのが苦手なのでしょうがない。最近ブログは更新が月一くらいになってしまいましたが、「フェイスブック」※ワタナベケイタ やインスタグラム※tripinterior などでは日々の写真の中でモノ作りや古いもののことなど書き込んでいますのでそちらも見て頂けると嬉しいです。


古いもの


DSC_0113_convert_20150205094534.jpg
これは、うどん鉢ということで手に入れた器です。染付のシンプルな鉢ですので、うどんのみならず、盛鉢としても使えます。大きさも手頃で20㎝弱なので、出番も多いサイズ。時代はおそらく明治くらいでしょうか。手書きの図柄がなんともいい。


DSC_0112_convert_20150205094428.jpg
これは、立てていますが「古いせいろ」です。僕はこれを棚として考えていますが、使い方は自由です。昨年の「白イチ」でも出しましたが、何個かが新な持ち主の手元に渡っていきました。皆さん飾棚や本棚にすると言っておりました。木のモノはオイルを塗ることでまた表情が一変します。特に実際に使われていた道具類は長年洗われていたり、乾燥していたりと状態はこなれているというだけではないモノが多いのです。もちろんその風合いもいいので、状況によってはそのまま使いますが、オイルを塗ってもそれはまたいいのです。
こういう肌の変化がおもしろい。


1譛医€€・・1,000_convert_20141023144023
木の筒。もうこれしか表現しようがないもの。収納に使ったんでしょうがその中身まではわかりません。でも分からない分、純粋にその形に惹かれます。単純ですがしっかりと納まる筒、使わなくても飾りたくなるもの。そんなモノもあっていいと思います。


・呈怦・托シ捺律縲€・・_convert_20150205094132
これは、裁板です。引き出しが両袖に着いたもので、天板は銀杏だと思います。長年の作業で縦横斜めにキズが付いていますが、それがまたなんともいい味を出しています。引き出しは結構ガタがきているので外して、天板だけを何かに利用しようかと思っています。こういうあじのある木の表情は、今流行りのエイジング加工で古く見せるのとでは全然見た目も意味も違います。こういうのを良しとしている人の思考はそこに秘められた時間を感じていると思うのです。

古いモノ好きの私もこういう意図しない時間の経過を楽しんでいるウチの一人です。
今年も「白イチ」を開催する予定ですが、前回よりも多くのモノ、違った趣向のモノを並べたいと思っています。
乞うご期待ください。もちろん、オリジナルの家具もどうぞよろしくお願いします。



※イベントは、終了しております。









:解体からのスライド

最後まで読んでいただきありがとうございます。
H21年2月より解体からはじまった築100年の自宅のリノベーションの記録として、まずH21年の写真をまとめてスライドとしました。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド



Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第2弾スライド H22年をまとめました。

2年目に入り、作業も内装中心に、そしてコウモリとのやり取りも!白くなってきれいになっていく室内をご覧ください

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド
 


Created with Admarket's flickrSLiDR.


●第3弾スライド H23年をまとめました。

いよいよ3年目に入り、震災もありましたが、とにもかくにも住める状態になりました。解体時からは想像できない空間。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第4弾スライド 工場のリノベをまとめました。

家のリノベが終わったら、今度は工場拡張に伴ってまたリノベの欲求が。やっぱり、そこに古い建物がある限りなんとかして使える空間にしてあげたくなってきます。これは僕のライフワークかもしれない。再び始まった埃とカビとの格闘の日々をスライドにまとめました。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。

画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.





使われないモノがいいモノではないというわけではない

2014年11月21日 20:26



すっかり、宮城県も冬の空気となってきました。朝方には霜もおりているくらいです。しばらく、プライベートでいろいろとありましてすっかりご無沙汰のブログ更新となりました。イベントにて注文頂いた家具も順調に制作を進めている所です。なんとしても年内にはお客様にお届けしたい。

今日は、イベントでも出している古道具の記事を少し、古道具にもいろいろとあるのですが、僕はいわゆる骨董というものとはあえて言葉を分けて使っています。骨董という言葉が持つ、価値というのは多くの意味が含まれていて、モノとしての価値が非常に曖昧(誰かが作り上げた市場価値や希少性)だと思っているので、僕はあえて古道具というモノ(僕の中では道具や造形としての純粋な価値)を扱っていきたいし、使っていきたいと思っています。


古いもの


DSC_0097_convert_20141023171822.jpg

DSC_0098_convert_20141023172650.jpg


これは、なます皿という形の器です。直径が150㎜位なので現代では鍋の取り皿や煮物をのせたり、おひたしの盛皿なんかにも良いサイズです。ちなみにこれは、江戸中期から後期位のもので萩唐草という柄になります。とても上品な柄で藍の色も薄く料理ばえがする器です。夏場にやっこをのせてかつお節を一握り。こんなのもいいですね。

こういうものをさっと使える生活ってとてもいい生活だと思います。普段忙しい私達は器を料理をのせるためだけのモノと思いがちですが、私は器とは料理をより美味しく見せるための装置だと思っています。時には季節を感じさせることも出来るでしょうし、料理の温度すら変えることが出来ると思います。別に古いものが優れていて新しいものが劣っているということではなく、まずは器自体の捉え方を考えて、古いもの良さや新しいものの良さを味わってもらえたらと思います。


DSC_0093_convert_20141023171601.jpg

DSC_0092_convert_20141023171335.jpg


これは、落雁という和菓子の型です。このお菓子は干菓子で今も和菓子屋などでは作られているものになります。ただ現在は木型ではなくなっている所が多いようで、いわば昔の道具という扱いになります。

ただ古道具として見かけるモノの多くは長年よく使われたモノで、木型がよく小慣れていて木が好きな僕はその素地だけでもうっとりとしてしまいます。そして、この型の魅力は何と言ってもこの彫りの模様ですね。繊細な造形からモダンともとれる様々な形がありますが、僕は文字が彫られていない、こういう形だけのシンプルなモノに惹かれます。現代では飾るというのが一般的な使い方となるでしょうが、小さなアクセサリーなんかを入れておいてもいいかもしれません。使い方捉えかたは自由。自分の好きなように使えばいいのです。それが古道具の魅力ですね。

使われないものがいいものではないという方程式は私達の想像力の幅を制限してしまいます。もっと自由にモノの形や用途の可能性を探ることは私達の生活の可能性を探る一歩なのではないでしょうか。

これからもたまに古道具の記事を書いていきたいと思います。



※イベントは、終了しております。









:解体からのスライド

最後まで読んでいただきありがとうございます。
H21年2月より解体からはじまった築100年の自宅のリノベーションの記録として、まずH21年の写真をまとめてスライドとしました。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド



Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第2弾スライド H22年をまとめました。

2年目に入り、作業も内装中心に、そしてコウモリとのやり取りも!白くなってきれいになっていく室内をご覧ください

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド
 


Created with Admarket's flickrSLiDR.


●第3弾スライド H23年をまとめました。

いよいよ3年目に入り、震災もありましたが、とにもかくにも住める状態になりました。解体時からは想像できない空間。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第4弾スライド 工場のリノベをまとめました。

家のリノベが終わったら、今度は工場拡張に伴ってまたリノベの欲求が。やっぱり、そこに古い建物がある限りなんとかして使える空間にしてあげたくなってきます。これは僕のライフワークかもしれない。再び始まった埃とカビとの格闘の日々をスライドにまとめました。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。

画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.





見る人によってはただのゴミかも

2014年05月21日 19:25



またしても、お久しぶりの記事となってしまいました。
こちら白石もすっかり、初夏の陽気の日が多くなり、とても過ごしやすい日が続いております。先日などは小学生ぶりに小川で釣りをするなど、陽気な日和に童心に帰った思いでした。とても楽しく、普段使うことを忘れていた脳みそを刺激されたような、不思議な気持ちにもなりました。

大人が普通、小川に釣りに行かないと考えるとするなら、それは自分の中で普段から作り上げてきた一つのルールや体裁なのかもしれません。それを超えてする行為というのはいい意味で物事の先入観のつまらなさを教えてくれます。そして、・・・・・など結局小川に浮かぶウキを見ながら、いろいろなことが錯綜してしまいました。つまりは、物事はもっと自由にタブーを作らずに、楽しいことは楽しいとやりたいことはやりたいと言えることが大切なんだと思ったのです。これを、リフレッシュというのにはもったいないほどの体験でした。


古道具


さて、記事は久しぶりに古道具について書いてみます。


・・500竭_convert_20140513134918
これは、昨年の「白イチ」にも展示したモノ。
おそらくは、リンゴ、柿などの果物の皮むき機だと思います。アナログですが、包丁でしかむかなかった時代に回転させて、ピーラーのようなモノをあてがいながらむくこの道具はさぞ画期的だったと思います。そして、使い込まれたこの鉄と木の肌はキャシャなわりにはとても力強く、匂いをかげば甘い香りもかすかに残っているのです。錆びたハンドルを回せばキコキコと弱々しいきしんだ音が響き、なんとも叙情的的です。物語に出てきそうな道具。


DSC_0404_convert_20140513135255.jpg


DSC_0407_convert_20140513135350.jpg


DSC_0408_convert_20140513135439.jpg
見る人が見ればただのゴミかも知れませんが、やっぱり、僕はこういうモノが好きなんです。価値があるかどうかは自分たちそれぞれの生き方にあるのだと思います。


・・1,000縲€11譛遺蔵_convert_20140513134813
これは、磁器の蓋物なんですが、模様がとても気に入っています。何に使われていたかは不明ですが、おそらく薬か朱肉入れだったのではないかと思います。粗野な作りに、ざっと勢いで筆を動かして大量に作ることを前提とした模様です。現代で使うなら、小物入れややはり朱肉入れでしょうか、もしくは珍味などを冷蔵庫に保管するときにもいいかもしれません。それを、お酒を飲むときに蓋をあけて残ればまた冷蔵庫へ、なんてそれだけでお酒がおいしそうです。


DSC_0042_convert_20140513134713.jpg


DSC_0044_convert_20140513135037.jpg


古道具は使い方は自由、昔こう使われていたから、こう使わなくてはならないなんてことはありません。むしろ、それを自由に発想し使うことに、古道具の面白さがあるのです。
こういう、純粋な気持ちに気づかせてくれた5月の釣りでした。


:解体からのスライド

最後まで読んでいただきありがとうございます。
H21年2月より解体からはじまった築100年の自宅のリノベーションの記録として、まずH21年の写真をまとめてスライドとしました。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド



Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第2弾スライド H22年をまとめました。

2年目に入り、作業も内装中心に、そしてコウモリとのやり取りも!白くなってきれいになっていく室内をご覧ください

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド
 


Created with Admarket's flickrSLiDR.


●第3弾スライド H23年をまとめました。

いよいよ3年目に入り、震災もありましたが、とにもかくにも住める状態になりました。解体時からは想像できない空間。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第4弾スライド 工場のリノベをまとめました。

家のリノベが終わったら、今度は工場拡張に伴ってまたリノベの欲求が。やっぱり、そこに古い建物がある限りなんとかして使える空間にしてあげたくなってきます。これは僕のライフワークかもしれない。再び始まった埃とカビとの格闘の日々をスライドにまとめました。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。

画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.





古道具とは定まらない自由なモノ

2014年03月07日 18:51




久しぶりに、古道具をご紹介。
よく骨董品と言われたりしますが、僕はあえて古道具という言葉を使います。

もちろん、定義はないでしょうが僕自身は、骨董品というと歴史があり、さらにモノとしての市場価値も、ある程度出来上がっているという前提がついてしまうと考えています。当然そこには多くの人達が長い時間をかけて作り上げた価値の指標があります。それがあることで売り手も値段というものがつけられて、しかもお客さんに説明がし易く買い手も納得するモノであるとは思います。また買い手はそのものの価値以外にもそのモノが持つ投資的な意味を含んで買うわけです。もちろん、それはそれでいいわけですが、僕自身がやりたいこととは少し違っているのです。使える道具としての許容できる値段とは違っているということです。

では古道具という言葉の僕なりの考えは、まったく定まらない自由なモノという感じでしょうか。
値段について言えばなんてあってないようなもので、自分がいくらなら欲しいと思うかというのが唯一の判断基準。純粋に自分の価値判断でそれをお金に置き換えるわけで、定価の国日本に生活しているとなかなか馴染めないし、わかりにくい判断かもしれません。
古道具との出会いは一期一会の古きモノとの出会いのようなものです。自分はこのモノにいくらなら欲しいと思うかという自問自答のような掛け合いが、古道具という言葉の余白にはまだまだつまっているような気がしています。そしてそこには大事にしまっておくようなお宝ではなく、日常の生活にふっと安らぎや発見を与えてくれるそんな意味があればなおいいですね。


・・500竭「_convert_20140307102326
何気ない古い箱、こういうものは骨董市でも値段がつけにくいので箱としてはあまり見かけません。


DSC_0413_convert_20140307102922.jpg
中まできれいに拭きあげると、何を入れようと考えも膨らみます。収納好きなので箱はつい集めてしまいます。


・・1,000_convert_20140307102055
こういう古い瓶などはよく見かけます。古い瓶は歪みがあったり今のそれにはない不揃いな温かみがあります。


DSC_0382_convert_20140307102422.jpg
これはビーカー。形はよくあるのですが、数字のフォントが今のモノではないデザインで気に入っています。


DSC_0383_convert_20140307102608.jpg
例えば、こういうガラスにつる性の植物を活けたり。


DSC_0415_convert_20140307103020.jpg
箱を使って窓辺に置くとそれで一つの世界になったりします。箱は箱だけではなく、空間を仕切るものにもなると僕は思っています。
こういったそれぞれが自由にモノの価値を決めて使うことに古道具の楽しさがあるのではないでしょうか。それはまさに古道具が持つ経年劣化した肌や時代の匂いを残す意図しない形など大きな余白のおかげだと思っています。
ちなみに、右側にある2つの白いものは碍子です。



:解体からのスライド

最後まで読んでいただきありがとうございます。
H21年2月より解体からはじまった築100年の自宅のリノベーションの記録として、まずH21年の写真をまとめてスライドとしました。
写真をクリックするとその状況とコメントが出ますのでぜひご覧ください。


以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド



Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第2弾スライド H22年をまとめました。

2年目に入り、作業も内装中心に、そしてコウモリとのやり取りも!白くなってきれいになっていく室内をご覧ください

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド
 


Created with Admarket's flickrSLiDR.


●第3弾スライド H23年をまとめました。

いよいよ3年目に入り、震災もありましたが、とにもかくにも住める状態になりました。解体時からは想像できない空間。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第4弾スライド 工場のリノベをまとめました。

家のリノベが終わったら、今度は工場拡張に伴ってまたリノベの欲求が。やっぱり、そこに古い建物がある限りなんとかして使える空間にしてあげたくなってきます。これは僕のライフワークかもしれない。再び始まった埃とカビとの格闘の日々をスライドにまとめました。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
左下にコメントが出ています。

画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.





最新記事