既存のものへの執着は・・・。

2009年06月19日 01:33

今まで、床板がぬけそうでびくびくしながらいた場所をやっとこ解体する勇気と決断が出来た。

やはり床をはがすということで目に見えるマイナスと、「シロアリ」への対策の検討がつかないということがあった。

結局はやらなくてはいけないことではあるんだけど、これが、精神衛生上良くない。

慣れている人なら、何の躊躇もないのだろうけど、「シロアリ」に食われているとはいえ、せっかく出来ているものを壊して、新設するのは、「うーん」考える。

やっぱり、この悪い癖。「考える」病。




しかし、この状況はいとも簡単に打破された。

夕方、作業していると工務店の人が見に来てくれて、その「きしむ床」を見つけ、「だめだな」といきなり、足で食害の場所をぶち抜き始めた。

一瞬、「あっ」っと思うが、その行動に納得!

助かりました!


そこからは、躊躇無く、「電気丸のこ」で食害部分(結局、約6畳)をカット。

DSC_0823_convert_20090618113736.jpg



切り込みを入れたら、バールにてはがす。

DSC_0832_convert_20090618113838.jpg


やっぱり土が見えると作業のテンションが下がります。

ここからちゃんと戻せるのか不安!

DSC_0828_convert_20090618113804.jpg


さらに、この板がのっている丸太材(根太)も食害にやられていて、完全にやり直さなければならないことに!



DSC_0842_convert_20090618113910.jpg


結局こんな状況に。

気づけば、外はまっくら!


DSC_0843_convert_20090618113944.jpg


床板はもったいないので何かに使います。

いつか形になったらブログにてご紹介したいと思います。




一方、同時進行しているトイレが少し進んできました。

縺櫂SC_0850_convert_20090618114042


古い壁はそのままに胴縁を組み、覆うことに、今度はこれに石膏ボードを貼り、防音シートを貼り、さらに石膏ボードを貼る予定。

隣は倉庫として貸しているのですが、やはり防音対策はしておいたほうが今後何かといいそうなので。

そして最終仕上げは、「珪藻土」の予定です。



窓が大きい為、清潔感があるトイレになりそうです。

今、もっとも仕上がりが想像出来る場所!


最新記事