丸裸

2009年12月24日 00:54

いよいよ外部本格改修です。
さすがに、今回の作業は一人では困難な為、いつもの工務店に頼み大工さんの助けを借りました。
ほんとにめんどくさいことを難なく受けてくれるこういう地元の工務店には感謝です。

まずは、外部のトタンをはがします。
じつは、けっこうこのトタンという素材が好きでして、なんだか、名残惜しさもあります。
しかし、全体のイメージとは、ずれているので、やむなく。

そんな外部の写真がこちらです。

DSC_0182_convert_20091224004534.jpg

○北側の外部 昔の名残の煙突がいい雰囲気


DSC_0183_convert_20091224004605.jpg

○東側の外部 トタンをはがすとなんとも小屋な感じです。
 いままで良くもっていたなあとあらためて思います。


DSC_0184_convert_20091224004636.jpg


ここからどうなるか。
わくわくします。
大工との打ち合わせはしたもののトタンはがしてみての出たとこ勝負!

やはり、問題がいくつか出てきました。
まずは、土壁が外側に傾いていること、そして、土壁の間の柱が所々腐っているということ。
私が考えても、良い答えは出てこないので、ここは大工さんにお任せしました。

すると、出た答えは「それなり」におさめるということ。

土壁はそのままこれ以上倒れないように柱でビスの利くところを固定する。
そして、腐っている柱は一部取替えか、新材と入れ替えることになりました。

せっかくなので、ちゃんと直さないともったいないと説得され、面倒ですが、直すことにしました。


あーだこーだ言っていても、大工はこつこつ作業を進めます。
そしてなんとか一日でここまできました。

DSC_0186_convert_20091224004701.jpg


外部のやることはまだまだあるので、しばらく大工にはきてもらうことに。
私も仕事調整して、出来る限りお手伝いをする予定です。
実際、図面がないので、私が判断しないと進まないということもあるので。


そして内部は、大工が帰った後に、こつこつと進めることにします。
現在の状況は、リビングロフトの棚の壁の仕上げです。

DSC_0190_convert_20091224004728.jpg

なかなか進まない内部ですが、こつこつと。


最新記事