31年の勘

2009年12月06日 01:29

日ごろの行いが良いせいか、最近、週末の天気がすこぶる良い。

外部の作業は天気に左右される。

私の現状では、週末しか日中動けないので、逐一週間天気をチェックしています。
当然そのたびに一喜一憂です。

そして、その日ももちろん段とりよく晴れ!

軒の小さな隙間は先週埋めたので、今週は板では隠せない部分に「発砲ウレタン」を注入していきます。

この「発砲ウレタン」は、以前に屋根裏のコウモリ対策で使用したものと同じもので、丸太の材の湾曲した隙間などにしっかりと入ってくれるので、ほんとにコウモリ対策の穴埋めとしては大活躍です。
本来の使い方ではないんでしょうが。

そして作業中、なんだか怪しい穴を発見しました。
それは、2cmくらいの丸太と壁の隙間に空いた?いや空けられた感じの穴で、いかにも動物が出入りしているようなものなのです。
31年の人間として生きたキャリア的には間違いない穴でした。

日中の今出てくるわけではないのに、恐る恐る脚立を降りて、「コウモリ忌避スプレー」の登場です。
こんなこともあろうかと、準備していたこのスプレー。
使うことへのうれしさと、使わざる得ないこの現状、複雑です。

そして、いよいよ注入。

「シュー!」っと出たそのスプレーが鼻に入ってきました。

すると、なんともすがすがしいこの香り。
よくよく読むと「はっか」の文字が。
なんとも爽やかな臭いが嫌いなんでしょう。
またしても「コウモリ」との距離が離れました。

さて、スプレーの結果は、特に反応は無く。
ひとまず安心。

DSC_0108_convert_20091205231710.jpg

トイレの消臭スプレーのようです。



縺櫂SC_0110_convert_20091205231805





次に、西側の外部の「コウモリ対策」。

ここは以前に借りていた人が外部を一部やり直してくれていたので、上の三角の部分の対策だけです。

DSC_0116_convert_20091205231739.jpg


1年ほど前にこの三角部分は土壁が一部、破損しているとのことで白ペンキの板で直したのですが、やはり、隙間が空いておりました。

発砲ウレタンを使い、大きな穴を埋めていきます。
その後、手を借りながら、金網でさらにかぶせていきます。
念には念をいれて!

縺櫂SC_0122_convert_20091205231836


縺櫂SC_0125_convert_20091205231902


女の子でこんな作業も手伝ってくれるなんて、頼もしい限りです。

今週はこんな感じで、内部が思うようにはすすみませんでした。

少しずつ完成に向かっているこの日々をなんとか楽しめる余裕も出てきた今日この頃です。


最新記事