春が近いということもぬぐえないそんな夜。

2010年04月09日 00:03

しばらくぶりの更新となりました。

大工との時間調整でなんとか、新設軒が完成しました。(屋根材はまだですが)



DSC_0408_convert_20100407152054.jpg


縺櫂SC_0409_convert_20100407152313



納まりもきれいで、建物外観上もより家らしくなって来ました。

ただ、いまはまだ無塗装の為、建物からは浮いている印象。



そこで次の週末に、外壁同様、キシラデコールのブラックを塗ります。

そんなこんなで塗装終了。



さて。


DSC_0413_convert_20100407152144.jpg


縺櫂SC_0414_convert_20100407152446


違和感無いといえば、嘘になりますが、十分な仕上がりに満足です。

後日、屋根材のポリカーボーネート?確かそんな名前だった気がします。をサッシ屋が入れてくれるとのこと。

楽しみです。

これで、雨のたびにびちゃびちゃになる玄関とはお別れします。



最近の週末はほとんどがこの軒関係のことをやっていたのですが、平日夜は、いつものように内部作業をこつこつと。


玄関脇の傾斜している天井の下地つくりです。

傾斜のまま天井を上げるため、既存の垂木に新たに垂木を作り、断熱材を入れて、ボードを張り、仕上げの白ペンキ板を張る算段。

うまいこといくものやら。



しかし、今までの経験値は貯まっていたようで、意外と迷わず、作業は進みます。

久しぶりにこのスピード感にテンションも上がります。

本当なら、のってきたところで、ぶっとうしでやりたいのですが、近所の手前、8時で終了。

歯がゆさを感じつつの帰宅、そして、軽く1杯。


幸せです。


そんな、幸せな作業現場はこんな状況。



縺櫂SC_0385_convert_20100407152216


縺櫂SC_0407_convert_20100407152246


天井部に組んである(白)の部分が今回新設部分です。

そして、断熱材を投入。


縺櫂SC_0411_convert_20100407152409


さらに、新たに鴨居を納めた部分にも断熱材を投入。


DSC_0410_convert_20100407152119.jpg


少しずつではありますが、着実に暖かくなっていく我が家。

しかし、春が近いということもぬぐえないそんな夜。





最新記事