僕の感覚とこの家の歩み寄り

2010年04月15日 01:00

軒がひと段落したところで今度は、「新設軒」と「もともとの軒」の間の外壁を仕上げる作業に入ります。

なぜ、他が進んでいないのにこの部分をすぐにするかというと、前回書いた「新設軒」に取り付ける屋根材を納めてしまうと、狭さゆえに、この部分の外壁が仕上げられないのです。

今でさえ、軒と軒の間はわずか20cmと狭く、脚立にのぼり、頭を傾けながらの作業となります。



DSC_0430_convert_20100414001043.jpg


まずは、外壁下地が足りていない部分をコンパネで覆います。

垂木の間から出ているピンク、白のものが家の内部から入れた断熱材です。

このままで外壁仕上げるのは、やはり無理があります。



DSC_0431_convert_20100414001110.jpg



実寸をはかり、張ってしまうとこんな感じになります。



次に、仕上がり板を張る前の段階として、空気の層を作るために、桟をまわします。

こうすることによって、斜熱と外壁板の痛みを軽減できるようです。

窓枠と水平に走っている細い板が、それです。



縺櫂SC_0433_convert_20100414001405


いざ、板を張るとなれば、やはり、この家の特徴でもある、「垂木切り」があります。

さんざんこの「垂木切り」には悩まされてきました。

「垂木切り」とは、屋根を支えている垂木の部分を計り、くり抜きながら1枚1枚納めていく作業で、とにかくめんどくさい。

たぶん、現在の住宅の多くはこの垂木の下に「耐火ボード」などをはって極力凹凸がない環境をつくるのでしょう。


でもいいのです。

この家はそんなことより、僕の感覚とこの家の歩み寄りなのです。

そこには、効率や経済性では計れない不可思議なフォルムがあるはず。



DSC_0434_convert_20100414001136.jpg


しかし、何十箇所もあると思うとやっぱりめんどくさい。



納まってくるととこんな状況です。



縺櫂SC_0435_convert_20100414001428







さて、内部の進行状況はというと、先週、断熱材を納めた部分に下地の石膏ボードを張る作業に入ります。




DSC_0418_convert_20100414001019.jpg


やはりここでもこの家の宿命、柱の傾きによる「ゆがみ」と粗い材料による凹凸があり、1枚1枚の慎重な調整が必要になります。

面倒ではあるものの、僕はこの家しか知らないので、なんとも比較しようがない。

新築は、もう少し楽なのでしょうか?



朝からはじめた作業は気付けば夕方、それはある意味充実の裏返し、久しぶりに目標通りの進み具合でした。



縺櫂SC_0420_convert_20100414001209



縺櫂SC_0428_convert_20100414001258



縺櫂SC_0425_convert_20100414001339


そしてなんとか、ここまで張り終えました。



ささっ、充実の作業のあとは、温泉へ!


最新記事