落ち込みます。1歩進んで2歩下がる!

2011年01月31日 17:40

今年の冬はとにかく寒い。

今週で寒さは一休みのようですが、はやく春がこないものかと、待ち遠しい限りです。


そんな先週この家のリノベーションが地元新聞に掲載されました。

取材は、去年の12月だったので、いつ載るか、気になりながらも忘れかけていた頃の掲載。

内容は3割り増しで書いていただいたので、恥ずかしい話、励ましの連絡をいただいたりもしました。

でも、浮かれている暇もなく、ただただ、作業あるのみです。(公の新聞でも春には住居完成と謳ってしまった為)




内装板張り



まずは、リビングの壁仕上げの状況です。


DSC_0174_convert_20110130111121.jpg


縺櫂SC_0175_convert_20110130111348
まずはこの部分から張っていきます



板張りはさすがに慣れてきているので、スムーズな流れです。

でも、なんだか、板の枚数が怪しい感じ!

数えるのが怖いのでとりあえず、作業を続行します。

足りなければ、また板削ってペンキ塗って、と1年前の作業に逆戻り。

落ち込みます。1歩進んで2歩下がる!



縺櫂SC_0176_convert_20110130111416


縺櫂SC_0177_convert_20110130111446



洗面タイル張り



先週よりタイル張りに入りました。

タイル張りはまったくの新世界、大工さんに聞いても、タイル屋ではないので詳しくはわからないとのこと。

ネットなどで入念に調べて、タイルはヤフオクで20年近く前の売れ残りを安く手に入れ、ボンドや目地材などは、大型のホームセンターで業務用を購入!

万全の体制を整えました。


そして、いざ貼る洗面はこちら。


縺櫂SC_0178_convert_20110130111511


DSC_0179_convert_20110130111149.jpg


下地はコンパネ、しかし、ここも古い躯体を出来るだけ利用している為、直角や水平がぜんぜん出ていないのです。

つまり、タイルの割付(端っこなどに中途半端な空がでないようにすること)が出来ない。

なので、目感で調整していざ。


DSC_0181_convert_20110130111213.jpg
張るのはモザイクタイルいかにも昔のお風呂場に張ってありそうなタイプ


DSC_0182_convert_20110130111242.jpg
ボンドはこのような割と硬めなもの

DSC_0183_convert_20110130111310.jpg
クシゴテを使い、ボンドを薄く延ばしていきます


縺櫂SC_0184_convert_20110130111543
紙がついているほうを表にペタッと! 紙は乾燥後に水で濡らしてはがしていきます



試しに狭い場所を貼ってはがしてみました。



縺櫂SC_0193_convert_20110130111645


なかなかの仕上がり具合、文章と写真では伝わらないのですが、何度かの失敗で戦意は喪失!

ほんとやっとって感じです。

タイル屋という職業があるんぐらいなのだから、やっぱりにわかでは難しい!


後日大工に聞いたら、大き目のタイルよりモザイクの方が面倒とのこと。

見た目のかわいさで選んだのですが、裏目にでました。

でも、その分愛着もわくってもんです。

しばらくはタイルとの格闘が続きそう!



:解体からのスライド

最後まで読んでいただきありがとうございます。
H21年2月より解体からはじまったこのリノベーションの記録として、まずH21年の写真をまとめてスライドとしました。
写真をクリックするとその状況とコメントが出ますのでぜひご覧ください。


以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド



Created with Admarket's flickrSLiDR.


最新記事