あれだけ悩んだ引き手が・・・・

2011年03月31日 00:11



少しずつですが、リノベのこの家も片付き始めてきました。

しばらくは、立ち入りたくもなく、ただただ見過ごしてきましたが、逃げてばかりでは進まない現実。

こんなにも、この家に立ち入らなかったのはたぶん、解体を始めて以来、初じめて!

モチベーションとはいかに、自分の気持ちや外的な要素に影響されるか気づかされました。



とりあえず、今日のブログは震災前に書き上げていた記事です。

あえて、直さずに載せます。





////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


またしても、しばらく期間が空いてしまいました。

時間が空くと、どうしてもブログが遠くなりますね。こりゃ、良くない傾向!


さてさて、約2週間振り返りますと、その間正直あまり進んではいませんでした。

なんというか、地味な作業です。



トイレ建具の引き手加工


縺櫂SC_0245_convert_20110311011325
現在は、引き手の下地だけ付いているだけです


縺櫂SC_0246_convert_20110311011350
下地、この部分は引き手をつけたときに、全面の白ペンキが経年で汚れていくのを防ぐためにあります


いろいろな場所で、白ペンキの建具を見てきましたが、たいていは手に触れる部分が汚れていって、とても汚くなってしまっています。

それでこれも、自分なりの実験です。



さて、引き手ですが、僕なりにいろいろ考え、答えが見つからずいたのですが、彼女の言葉にデザインが固まりました。

それは、シンプルに下地の板に角材をつけるというただそれだけ。


まさに「目からうろこ」、シンプルな建具だけにいろいろ考えましたが、結局1周して、シンプルに戻りました。

モノの形を考えるとき、どうしても、その形に意味を見出したくなるものですが、(僕だけかもしれませんが)それがかえって邪魔になって、本当の使いやすさや全体の形を忘れてしまっている時が結構あります。



DSC_0247_convert_20110311011129.jpg
まずは、引き手を固定する為の加工



縺櫂SC_0248_convert_20110311011416
角材にも同様の加工をして、ボンドを入れて固定



縺櫂SC_0249_convert_20110311011444
仕上がりはこんな感じ、シンプルそのもの



たDSC_0250
仕上げにオイルを塗って完成



下地のRをとった加工に角材の直角を残した形、なかなかよろしいです。

材料も下地はナラ材で、引き手はタモ材、しかもあえて意匠に節を持ってきました。

あれだけ悩んだのに、一瞬に忘れるくらい、しっくりきます。




トイレの壁塗り




彼女には、トイレの石灰クリームの1回目塗りをお願いしました。



初めてやるにしては塗りなれている感じ。

良く考えれば、約2年の間に何百枚もの板塗りをこなしてきていたのです。そりゃ、なんとなくできるわけです。

われながら、彼女を何にしたいのかわからなくなってきました。職人?


ま、でも人生出来ないより、できることが多い方がいいですもんね!


DSC_0253_convert_20110311011158.jpg



DSC_0254_convert_20110311011224.jpg



DSC_0303_convert_20110311011256.jpg
寒いとクリームのロリが悪いので、温度はしっかり測っています


そこで活躍中なのが、これ!

あらためて無印のデザインされていないデザイン、センスいいですね。

体脂肪10%なデザイン!

正直無印があるから、自分で作らなくてもいいなって思えるものかなりあります。



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


まだまだ書き溜めている記事ありますので、ペースを上げて、書いていきたいと思います。


日常に戻ることが心の復興の近道!




:解体からのスライド

最後まで読んでいただきありがとうございます。
H21年2月より解体からはじまったこのリノベーションの記録として、まずH21年の写真をまとめてスライドとしました。
写真をクリックするとその状況とコメントが出ますのでぜひご覧ください。


以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド



Created with Admarket's flickrSLiDR.


最新記事