粗野で我が家にもすぐに馴染む引き手

2012年08月29日 17:18




食器棚台のワゴン完成


こつこつと進めていた食器棚台の下に入れるワゴンがやっと完成しました。
出来てしまえば、あっという間なのですが、家業との時間の取り合いで、なかなか集中して作業が出来ないので、必要以上に時間がかかってしまいます。今回は3つワゴンを作ったのですが、すべて用途を事前に決めてからの制作となっていました。なので、今までは、ここに入るべきものが散在していたわけで収納マニアとしてはなんとも残念な状態でした。でもこれで台所周りがだいぶすっきりするはずです。楽しみ。今回も材料は地元のクリを使用し、材料は安く抑えました。


DSC_0898.jpg
それぞれの幅には使用用途があり、すべて寸法を出して制作しました。


DSC_0900.jpg
棚板などももちろん収納するものに合わせて制作。


DSC_0899.jpg


DSC_0901.jpg
まずこれは、米を収納するためのワゴンです。納戸がないために見えない場所にということで、これなら重さを感じることなく引っ張り出せます。


DSC_0902.jpg
これは下には、調味料のストックなどの収納で、上は精米機を置きます。これだとコンセントの近くまで移動できそのまま精米をすることが可能。


DSC_0903.jpg
お酒のストックワゴン。こちらは上にビールを入れ、下にはその他のお酒を収納できます。酒飲み夫婦なのでこれくらいは要りますね。


DSC_0904.jpg
納まるとこんな感じ。上のガラスの食器棚は古道具のモノを直して使っています。


DSC_0906.jpg
引き手を合わせているので、ラインはきれい。


DSC_0907.jpg
このような感じで利用


DSC_0908.jpg
この引き手はキッチンの引き出しにも使いましたが、粗野で我が家にもすぐに馴染みます。




:解体からのスライド

最後まで読んでいただきありがとうございます。
H21年2月より解体からはじまったこのリノベーションの記録として、まずH21年の写真をまとめてスライドとしました。
写真をクリックするとその状況とコメントが出ますのでぜひご覧ください。


以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド



Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第2弾スライド H22年をまとめました。

2年目に入り、作業も内装中心に、そしてコウモリとのやり取りも!白くなってきれいになっていく室内をご覧ください

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド
 


Created with Admarket's flickrSLiDR.


●第3弾スライド H23年をまとめました。

いよいよ3年目に入り、震災もありましたが、とにもかくにも住める状態になりました。解体時からは想像できない空間。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.




最新記事