庭の緑は未来の装置

2012年10月19日 23:07







ぐっと秋らしくなってきましたね。こちら白石も秋らしいというより冬の空気すら感じるようになってきました。秋は葉の色が変わり、今まで生に満ち溢れていたものが、そっと静かに次なる季節を迎えるための準備をしている。春も劇的な変化ですが、秋のこの変化もとても好きです。光も一番好きかも。

さて、我が家の小さな小さな庭の写真を全然載せていなかったことに気が付きました。ということで、我が家の庭が出来た今年の3月から8月の夏の庭の写真をのせてみたいと思います。庭の植物は建物とは別のモノのように扱われますが、空間、景色という見方をすれば、それは変化するファサードだと思っています。昔爺ちゃんが毎日、庭をいじっては庭を眺めていて、それの何が楽しいのだろうと思っていたら、30そこそこで庭に夢中です。日々の小さな変化がとてもうれしいのです。


DSC_0981_convert_20121019181624.jpg
3月 植えたての芝はまだまだ新芽が出て来ません。心配してましたが、4月にはみるみる新芽が伸びて、きれいな緑の絨毯に。


DSC_0980_convert_20121019181230.jpg


DSC_0979_convert_20121019181112.jpg


DSC_0026_convert_20121019180739.jpg
8月 すっかり、緑に覆われた庭、というか伸びすぎてしまった芝。


DSC_0025_convert_20121019180633.jpg
譲ってもらったオリーブの木。これは、宮城でも南は地植え出来る品種らしい。さて冬乗り越えられるか?ちなみに常緑木です。

DSC_0024_convert_20121019180514.jpg
写真で見るとさらに狭く感じる庭

DSC_0027_convert_20121019180844.jpg
玄関のれんが敷きもいい感じでハーブや多肉植物に覆われ始めました。

DSC_0028_convert_20121019181001.jpg
これは、山で不法投棄を片付けている時に出てきた昔のストーブ。我が家では春に咲く花の寄せ植え用に、そして、木はオープンハウスの時にもらった「ブラックベリー」。来春にはここに素朴な花とベリーの花が咲くはず。

庭は季節の変化を感じるのはもちろん、次なる季節を楽しみにすることができる未来の装置!



:解体からのスライド

最後まで読んでいただきありがとうございます。
H21年2月より解体からはじまったこのリノベーションの記録として、まずH21年の写真をまとめてスライドとしました。
写真をクリックするとその状況とコメントが出ますのでぜひご覧ください。


以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド



Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第2弾スライド H22年をまとめました。

2年目に入り、作業も内装中心に、そしてコウモリとのやり取りも!白くなってきれいになっていく室内をご覧ください

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド
 


Created with Admarket's flickrSLiDR.


●第3弾スライド H23年をまとめました。

いよいよ3年目に入り、震災もありましたが、とにもかくにも住める状態になりました。解体時からは想像できない空間。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.




最新記事