器を継ぐということ

2013年08月30日 19:22





こちら白石は朝夕はぐっと涼しくなってきました。朝方は寒さで起きるくらいです。ほんとうに東北の夏は短く、あっという間。夏真っ盛りは短いとはわかっているものの、早く秋がこないかなーなんて考えてしまいます。そして、今ぐっと涼しくなってしまうとこれまたセンチメンタルな気分なのです。なんともめんどくさいですが。いつか歳をとれば季節を純粋に楽しめるのでしょうか。まだまだ先は長そうです。


器の金継ぎ


実は1年ほど前から私の母は金継ぎをはじめています。月に2回ほど僕の友人の漆工芸作家の方のお家で教わっております。僕自身もいつかやってみたいと思っていたのですが、母も興味があったようでとんとん拍子に生徒なってしまいました。とはいっても、先生の本業は漆工芸なので、漆継ぎは仕事の合間にその技術を活かしてはじめてようで、大々的な教室なんてものではなく、都合を見ながらおじゃましているようなものです。
そこで、私の古道具のかけた雑器も練習用にと押し付けて何枚か直してもらいましたので、ここでご紹介します。金継ぎ素人の私が言うのもなんですが、当初はぼてっと絵の具をもったような印象でした。あ、誤解されると困るので、一応ことわっておきますが、ちゃんとした国産漆の下地に、本物の金をまいているようです。そんなこんなで最近はじょじょにその技術が板につきはじめたようで、精度が上がっているように見えます。母もいい歳ですが、なんとかの手習いで楽しくやっているようです。これからもぜひ続けてほしいと陰ながら思うこの頃です。そして、かけた器をせっせと直してもらおう。


DSC_0041_convert_20130830185027.jpg
器は明治期あたりの印判手「なます皿」


DSC_0043_convert_20130830185230.jpg
直しは2箇所、ちょっと絵の具のようでしょう。


DSC_0042_convert_20130830185115.jpg
これは、今ものの白山陶器の湯のみ。水は漏れないのですが、ヒビが入っていたので。


DSC_0044_convert_20130830185343.jpg
思い出あるもの、使いやすく手に馴染んでいるものをながく大事に使うという先人の知恵は、伝えるべき技術ではないでしょうか?この継ぐという考え方自体、日本独自のモノに対する考え方の表れだと思います。もちろん、茶器などそれ自体を芸術に引き上げた歴史は有りますが、それはまた別として、そういった直した物が身近にある生活は、いろいろな瞬間に私達の意識をちょっとずつ変えてくれるはずです。


※ちなみに金や銀で継いだものは金属なので、電子レンジに入れては使えないのでご注意を!



:解体からのスライド

最後まで読んでいただきありがとうございます。
H21年2月より解体からはじまった築100年の自宅のリノベーションの記録として、まずH21年の写真をまとめてスライドとしました。
写真をクリックするとその状況とコメントが出ますのでぜひご覧ください。


以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド



Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第2弾スライド H22年をまとめました。

2年目に入り、作業も内装中心に、そしてコウモリとのやり取りも!白くなってきれいになっていく室内をご覧ください

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド
 


Created with Admarket's flickrSLiDR.


●第3弾スライド H23年をまとめました。

いよいよ3年目に入り、震災もありましたが、とにもかくにも住める状態になりました。解体時からは想像できない空間。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.




最新記事