タモ材のダイニングテーブル

2014年04月03日 19:17



ようやく、宮城にも春がやって来ました。地元、白石は県南ということもあり、桜前線は県内でも早くやってきます。予想だと来週には咲き始まるようです。冬が苦手な私としては、ほんとに嬉しい限りです。桜もうれしいですが、それ以上に、わが家の小さな小さな庭にも少しずつ春が近づいて来ているのを実感します。つぼみが膨らんできたトネリコやチョコレートベリー、それに、セダム類などはすでに元気に広がってきています。土や緑から春を感じれる環境にいるのはほんとに恵まれています。


ダイニングテーブル


DSC_0288_convert_20140403155107.jpg


これは、昨年におさめたS様邸のダイニングテーブルです。材料はタモ材でオイル塗装。デザインは他のモノを邪魔しない形でとのことだったので、すんなり決まりました。僕自身、シンプルな直角水平が好きなので、こういうお客さんとの出会は素直に嬉しいですね。オリジナルで作っているダイニングテーブルは鉄脚がメインとなっているので、こういうオーダーは新鮮です。


DSC_0263_convert_20140403151547.jpg
まずは天板になる材をネバしていきます。この時にしっかり板どおしの垂直が出ていないとあとでかんなで仕上げる時に苦労するので慎重に。


DSC_0264_convert_20140403151707.jpg
粘したあとは、かんなで平を出し、仕上げかんなをかけていきます。


DSC_0265_convert_20140403151942.jpg
かんなをかけると頬釣りしたくなるようなツヤが出てきます。


DSC_0266_convert_20140403152115.jpg
これは、駒という部材で天板と脚部とを固定するモノです。このくらいの板幅の無垢材でビスなどでがっちり固定してしまうと、季節や住環境の変化で天板が反り上がり、天板に負担がかかるので、こういう部材である程度遊びをつくり動きに対応するのです。力を逃がしながら固定するという考え方ですね。


DSC_0269_convert_20140403152332.jpg
脚部もタモ材で無垢なんですが、タモの角材がなかなか見つからず、はぎ合わせとなってしまいました。


DSC_0273_convert_20140403152441.jpg
ここまでくると後は組み立て。


DSC_0282_convert_20140403153132.jpg
それぞれのパーツをお客さんが希望した濃い目の色にオイルで着色。僕はクリアオイルが好きなんですが、たまに見る着色の天板もまたいいもんです。ちなみに大きさは1600✕850 H750です。このくらいのサイズだと4人でも十分食事ができますね。


DSC_0286_convert_20140403153500.jpg
S様邸搬入後写真を撮らせていただきました。床の色とも相性がよく、クリアより着色したことで違和感がなかった。


DSC_0287_convert_20140403153916.jpg
シンプルな形ながら唯一この脚の部分だけは欠込みを入れて、天板の軽さを出しました。


大手量販店の家具などよりは高くつきますが、長く使っていくものとして考えるとテーブルというものにはその価値があるのかなーと思っています。シンプルであり、使い勝手がよく丈夫なものをこれからも出せるよう心がけていきたいものです。



:解体からのスライド

最後まで読んでいただきありがとうございます。
H21年2月より解体からはじまった築100年の自宅のリノベーションの記録として、まずH21年の写真をまとめてスライドとしました。
写真をクリックするとその状況とコメントが出ますのでぜひご覧ください。


以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド



Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第2弾スライド H22年をまとめました。

2年目に入り、作業も内装中心に、そしてコウモリとのやり取りも!白くなってきれいになっていく室内をご覧ください

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド
 


Created with Admarket's flickrSLiDR.


●第3弾スライド H23年をまとめました。

いよいよ3年目に入り、震災もありましたが、とにもかくにも住める状態になりました。解体時からは想像できない空間。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第4弾スライド 工場のリノベをまとめました。

家のリノベが終わったら、今度は工場拡張に伴ってまたリノベの欲求が。やっぱり、そこに古い建物がある限りなんとかして使える空間にしてあげたくなってきます。これは僕のライフワークかもしれない。再び始まった埃とカビとの格闘の日々をスライドにまとめました。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
左下にコメントが出ています。

画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.





最新記事