室内に風が生まれました

2011年12月29日 14:51



玄関脇の板張り


前回、書いた玄関脇の板張り、この手の作業はさすがに2年もやっていると手馴れたもので、迷いは特になくすんなりとすすみます。でも、唯一苦労したのが、この貼る壁が土間から天井までで2500mmくらいあるので、板が反っているものもあり、枚数が限られている中選んで貼っていくのがなかなかと骨が折れる作業で。狭い空間で並べては順番を変えたり、天地を入れ替えてみたりと・・・。

その甲斐あって、仕上がりは納得です。


縺櫂SC_0605_convert_20111229120918


縺櫂SC_0606_convert_20111229120942
多少ゆがんで見えるのは、ドアが基準で壁と柱が右側に若干傾いているのです。ま、耐震補強しているし、あの震災を乗り越えたのだから、大丈夫だとは思います。


キッチンキャビネットの引き出し作り


今回、結構メインにしているキッチン回り、特に初めての経験で緊張しながら作っているのがこのキッチンキャビネットなのです。箱については、以前も書いたように、冷や汗かきながらなんとか納めたので、今度はその中身の引き出し作り。箱は集成材ですが前板は前々から地元の桜材にしようと決めていました。ただ、自分使用なので虫食いや節、削り残しなどは容赦なく使います。赤みも白太も関係なく、できるだけ素朴で荒削りな印象にしたいと思います。


DSC_0610_convert_20111229120707.jpg
限られた板材の中で、どの組み合わせ一番おもしろいか。これを考えるのはとても楽しい作業


DSC_0608_convert_20111229120638.jpg
決まれば、今度は板剥ぎの為の加工をして、あとは圧着


縺櫂SC_0609_convert_20111229121012
こうやって前板の材料がどんどん出来ていきます。


1階床オイル塗り


いよいよ養生もはがしたので、床の塗装に入りました。塗装はナチュラル系のオイルで2度塗りの予定です。まずはサンダーで素地面をならします。その後にオイルを「はけ」ですりこみ、しばらく放置し、その後にウエスで拭き取りをします。要はこの作業の繰り返しなんですが、この作業は一人でやtることになっていたので、腰がとにかくつらい!ひざをついてやると今度はひざが痛い。なんだか、おじいちゃんのようですが、最後に訪れたこの家からの挑戦状のようなに思えます、そんなストイックな発想が生まれるほど、単調な作業。でも仕上がってくるとその印象の違いにワクワクするんですけどね。しばらくは昨年痛めた腰をだましだまし、焦らずやることにしました。


DSC_0625_convert_20111229120734.jpg
右が塗った後です。塗らないのもこれはこれでありですが、生活上汚れやキズが目立つのでやっぱり塗ったほうがいいですね。


DSC_0626_convert_20111229120759.jpg



電気とガスの業者が入りました。


上の写真にガス台がちらっと写っていますが、ガスと電気の業者入り、ついに我が家にて火が使えるようになりました。これは感動!水道屋も以前に入ってもらっていたので、なんとお湯が出る環境になりました。いよいよ生活する場という感じなってきました。そんな中ずっと前から購入にしていて、この現場でホコリをかぶっていた「シーリングファン」が満を持して登場です。室内に風が生まれました。もう暑さがロフトにこもることもなさそう、そして、冬は熱が上だけではなく下にも下ろせるのでこれまた楽しみ。


DSC_0634_convert_20111229120845.jpg


DSC_0627_convert_20111229120821.jpg
日が暮れるとこんな感じ


今年最後のブログになりました。
来年もこつこつ記事書いていきますのでどうぞよろしくお願いします。



:解体からのスライド

最後まで読んでいただきありがとうございます。
H21年2月より解体からはじまったこのリノベーションの記録として、まずH21年の写真をまとめてスライドとしました。
写真をクリックするとその状況とコメントが出ますのでぜひご覧ください。


以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド



Created with Admarket's flickrSLiDR.



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tripinterior.blog73.fc2.com/tb.php/146-4980aa17
    この記事へのトラックバック


    最新記事