古い物件には快適性はないけど、自由度があるはず

2013年05月16日 19:33




早いもので、連休も終わり約2週間が経とうとしています。そして、宮城は毎日寒かったり、暑かったり、雨が急に降りだしたりとある意味めくるめく気候の図鑑のようです。年配の方々は変化が辛いと申しております。


貸家リノベーションの可能性


さて、今回の記事は、昨年の末に仕事の都合で、急にこちら白石に越してくることになったYさんのために準備をした家のご紹介。この家も我が家同様、空き家の状態がながく続きこの段階では、弊社の倉庫となっていた物件です。ほとんどガラクタを入れていたわけですが。

Yさんには通常の物件にはない、こだわりがありそこが家を探す上でネックになっていたようで、ブログを頼りに僕のところに話が回ってきたのです。その希望の条件とは、木造で一戸建て、犬がOKで車がすぐ脇に止められること、さらに緑を自由に植えられる場所という物件。当然古い物件ばかりになる中で、一番現実的だったのが弊社のこの物件だったようでした。他にも白石で物件を見たようですが!

そしてその物件の場所はというと、JR白石駅より徒歩3分とすごく便利な場所。多少入り組んでいるものの、路地の雰囲気があって逆に静かで良かったのかもしれません。ま、白石はどこもだいたい静かではあるのですが。そこで、荷物が入っている状態を見ていただいたわけですが、このままではとても住めないのは、古い家に住んでいる僕としてもじゅうじゅう理解できるわけで、さっそく、Yさんにイメージをお聞きし、リノベを開始する段取となったのです。当時、Yさんは静岡に住んでおられましたので、一度見た物件の残像を元に電話でのやりとりでした。でも、Yさんの人となりがある程度伝わってきたので、後はこちらで臨機応変に作業させて頂きました。では、そんなリノベ前の状態からご案内!


DSC_0145_convert_20130513135131.jpg
まさに昭和の平屋建て。間取りは3畳の台所と6畳、4畳半、3畳の和室とトイレ、お風呂です。


DSC_0144_convert_20130513134745.jpg
壁は土壁で、震災を乗り越えている割りには大きな損壊はない。


DSC_0146_convert_20130513135254.jpg
シンクは入れ替えないと、使えない。


DSC_0147_convert_20130513135356.jpg
お風呂も釜ごと替えないと、難しい!以前の入居者が塗ったピンクのペンキなかなかシュールです。ここも塗り直さなくては。


DSC_0148_convert_20130513135453.jpg
玄関前の4畳半の和室。右側に台所がある。


DSC_0149_convert_20130513135552.jpg
玄関脇の壁など内壁は一部、剥がれている所がありますが、内壁は入居者が住みながら修繕するとのこと。


DSC_0150_convert_20130513135657.jpg
玄関前の4畳半の部屋から見た、続きの6畳間、その左奥に3畳の和室が続く。


DSC_0151_convert_20130513135750.jpg
6畳間から見た玄関方向、南側が大きなガラス面なので、光が入り気持ちがいい。


DSC_0153_convert_20130513135902.jpg
物入れも充実。


DSC_0154_convert_20130513140126.jpg
奥の3畳間。


古い家にはデメリットも多い。
それは誰の目にも明らかだし、すぐに先行する発想です。でも今回のケースのように、自分がこだわりをもっている場合は快適で利便性がいいということがそんなに重要ではないのかもしれない。充足感というベクトルで考えた時に、そこにはそれらをも超えるものがあるはずだと思っています。こういうことを叶えられる物件は、ここ白石にはまだまだ有りそうだ。こうやって人と物を繋げることがほんとに楽しい。



:解体からのスライド

最後まで読んでいただきありがとうございます。
H21年2月より解体からはじまったこのリノベーションの記録として、まずH21年の写真をまとめてスライドとしました。
写真をクリックするとその状況とコメントが出ますのでぜひご覧ください。


以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド



Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第2弾スライド H22年をまとめました。

2年目に入り、作業も内装中心に、そしてコウモリとのやり取りも!白くなってきれいになっていく室内をご覧ください

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド
 


Created with Admarket's flickrSLiDR.


●第3弾スライド H23年をまとめました。

いよいよ3年目に入り、震災もありましたが、とにもかくにも住める状態になりました。解体時からは想像できない空間。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
右上の「show info」押すとコメントと一緒に楽しめます。

画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.




コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. RE:難波様 | URL | -

    Re:古い物件には快適性はないけど、自由度があるはず

    コメント欄から失礼します。
    ご指定いただいたメールに送信しても、送信が出来ないので、このコメント欄からご返信させて頂きます。
    詳しい内容は、直接に連絡した方がいいと思いますので差し控えさせて頂きます。下記アドレスに再度ご連絡頂けると助かります。kpita@crux.ocn.ne.jp よろしくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tripinterior.blog73.fc2.com/tb.php/195-edd7c9b0
この記事へのトラックバック


最新記事