白イチに並ぶ古道具

2014年08月29日 10:44



白イチに並ぶ古道具


あっという間の1週間。
まだまだ、やることがあるのに時間が・・・。ということで、今回の古道具どんなの出すのでしょう?という電話もいただき感謝なんですが、すっかりブログでご紹介できなくて申し訳ないです。そこで、イベントまで何個かご紹介します。

7寸皿

DSC_0225_convert_20140829094101.jpg
これは、直径210㎜の7寸の皿です。色絵でとてもきれいな状態。

DSC_0226_convert_20140829094227.jpg
「鳥かご」の柄が珍しい

DSC_0228_convert_20140829094328.jpg
枚数も5枚ありますので、組みで使ってもいいですし、盛皿にもいいと思います。




・・2,000_convert_20140829093450
直径255㎜の皿です。使いやすい柄ですし、少し大きめなので盛皿にいいと思います。人数が集まった時のパスタや炒めものなど、人を呼びたくなる皿です。

DSC_0419_convert_20140829094501.jpg
手書きで反復した柄は、今使っても違和感を感じないデザイン

DSC_0420_convert_20140829094635.jpg
裏もこのように手書きできれいにまとまっています。おそらく、幕末から明治くらいのものだと思われます。



謎の土瓶

・・500縲€11譛・convert_20140829093734
高さが約300㎜くらいの何に使ったか不明の瓶です。おそらく、酒類など口に入れるものに使われていたのだと思います。柄のないシンプルな素地と独特のカタチがとてもおもしろい瓶です。飾ってもいいし、花や枝を活けても面白いかもしれません。

DSC_0047_convert_20140829093858.jpg


これらの他にも多くの古道具が並びます。土物、磁器、ガラス類などいずれも可能な限り、漂白と洗浄をしております。お使いになる前に気になる方はもう一度漂白をしてお使いください。

時間あれば、またイベントで出す古道具アップしますのでお楽しみに!


※ツィッター始めました!最新の詳細情報はこちらから!

「白イチ 2014」こちらもよろしく


omote_shiroichi2014.jpg
ura_shiroichi2014.jpg











:解体からのスライド

最後まで読んでいただきありがとうございます。
H21年2月より解体からはじまった築100年の自宅のリノベーションの記録として、まずH21年の写真をまとめてスライドとしました。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド



Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第2弾スライド H22年をまとめました。

2年目に入り、作業も内装中心に、そしてコウモリとのやり取りも!白くなってきれいになっていく室内をご覧ください

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド
 


Created with Admarket's flickrSLiDR.


●第3弾スライド H23年をまとめました。

いよいよ3年目に入り、震災もありましたが、とにもかくにも住める状態になりました。解体時からは想像できない空間。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。


画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.



●第4弾スライド 工場のリノベをまとめました。

家のリノベが終わったら、今度は工場拡張に伴ってまたリノベの欲求が。やっぱり、そこに古い建物がある限りなんとかして使える空間にしてあげたくなってきます。これは僕のライフワークかもしれない。再び始まった埃とカビとの格闘の日々をスライドにまとめました。どうぞ御覧ください。

以下の「画面いっぱいでスライド」でブラウザいっぱいにスライドを見ることもできます。
画像をクリックするとコメントが出てきます。

画面いっぱいでスライド


Created with Admarket's flickrSLiDR.







コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tripinterior.blog73.fc2.com/tb.php/222-e6c6538a
    この記事へのトラックバック


    最新記事