とろっとした窓枠はおいしそう

2010年04月26日 00:44

今週の平日は、忙しさをいいわけに作業にはほとんど行かず、ただただ、作業のイメージをするのみ。

普段は少しの時間でも、夜現場に行って何かしら手を動かすのだけれど、動かさないとこうも不安になるものかと、あらためて、リノベーションに依存している身体に気づかされます。



寝る前は、明日こそはと思うものの、夕方になると、パタパタとなって結局行けない感じになる。


そして、気づけば週末。

気を取り直して、今週の作業の再開です。





まずは、断熱材入れ、まだまだ寒い日が続いていますので、これを早く入れておけばと今頃気づく。

もうすぐ、暖かくなるというのに。



DSC_0457_convert_20100426002915.jpg


DSC_0458_convert_20100426003057.jpg


これで、少しでも暖かいはず、しかしこの日は、意外にも暖かい日差しが入る陽気で、全然効果は実感できませんでした。




その後彼女が手伝いに来てくれたので、先日入れた窓枠の塗装をお願いしました。

手馴れたもので、ペンキ塗りに関しては、僕よりも塗っています。

たくましくなったものです。



縺櫂SC_0488_convert_20100426003326


ペンキの色はというと、「グレー」にしました。

グレーの窓枠を以前に見かけていて、なんともいい感じでしたので、今回は参考にさせてもらいました。

さて、思いとおりになるものやら!




1回塗ったら、ペーパーを軽くかけます。


縺櫂SC_0492_convert_20100426003356


実は、恥ずかしながら、初めてペンキにペーパーをかけることを知りました。

以前はただ重ねて塗っていて、どうしても「がさつき」が気になっていました。


それが、大工に教わり、目からうろこの仕上がりです。

「トロッ」っとした風合いで、語弊がありますが「おいしそう」という言葉が浮かんできそうな仕上がりといえます。


これは、なかなか伝えられないので、オープンハウスの際に是非御確認ください。



私の作業はというと、手付かずだった西側の内壁の作業へと入ります。

現在はまだこんな状態。


所々はがれている土壁の上に、胴縁を組んだだけです。


DSC_0460_convert_20100426003130.jpg




とりあえずは、新設の鴨居を入れて、以前同様に傾斜にあわせて入れる天井の下地とその鴨居の上の壁を作ります。




DSC_0494_convert_20100426003159.jpg


下の写真は、上の写真の右側部分でここだけは、エアコンの設置都合上、水平の天井となります。


DSC_0495_convert_20100426003230.jpg


今までの経験を生かしてなんとか、骨が完成。


そして、そのまま断熱材を一気に入れます。



DSC_0498_convert_20100426003257.jpg



縺櫂SC_0497_convert_20100426003425


平日の遅れを取り戻すくらいの仕事の進みっぷりで、来週に向けていいスタートが切れました。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tripinterior.blog73.fc2.com/tb.php/63-1c90b8d3
    この記事へのトラックバック


    最新記事